家をつくる、地域をつくる

サンタクララ郡住宅局(SCCHA)は、バウチャー・プログラムや賃貸物件を提供し、2万人以上の低所得世帯や個人が安全で安価な賃貸住宅を利用できるよう支援しています。

どのようなご用件でしょうか?

住宅に関するご質問は、下記よりお問い合わせください。

すでにHousing Choice Voucher (Section 8)の参加者である場合。

既存の参加者であれば、住居や書類の管理をオンラインで簡単に行うことができます。テナントポータルを使って、以下のことができます。

  • 家賃負担額の合計を表示する
  • 世帯への追加・削除依頼
  • 収入の変化を報告する
  • 退去手続き開始のお願い
  • 合理的配慮の要請
  • ハウジングスペシャリストへのメッセージ
もっと詳しく知りたい方は既存のテナントのページをご覧ください。

テナントポータルサイトへ

サインイン

賃貸住宅をお探しですか?

家賃の援助が必要な方は、Housing Choice (Section 8) Voucher programについて簡単に知ることができます。応募者ポータルでは、以下のことが可能です。

  • SCCHA's Housing Choice Voucher (Section 8)のインタレストリストに参加する。
  • アプリケーションを変更し、常に最新の状態に保つことができます。
もっと詳しく知りたい方は新規応募者のページをご覧ください。

応募者ポータルサイトへ

サインイン
何から始めればいいのかわからない?ハウジング・チョイス・バウチャーの参加者のための概要ページをご覧ください。

Housing Choice Voucher(セクション8)の大家さんですか?

Housing Choice Voucherの利用者に賃貸している場合、オンラインで簡単に補助金付き住宅を管理することができます。Owner Portalでは、以下のことが可能です。

  • 1099タックスフォームを入手する
  • 口座振替に登録する
  • 家賃の値上げを要求する
  • ユニット情報、検査結果、ホールドとアベイトを表示します。
  • 既存の補助対象住戸の所有権変更
  • 既存の振込先を変更する
  • 住宅扶助料(HAP)の支払い履歴を見る
  • 担当のハウジングスペシャリストを確認する
  • オンラインフォームからスタッフに直接送信
もっと詳しく知りたい方は既存の大家さんのページをご覧ください。

オーナーズポータルへ

サインイン

Housing Choice Voucher (Section 8)の家主になることに興味がありますか?

Housing Choice Voucherを賃貸収入として計上するメリットや手続きについてご紹介しています。

今すぐプログラムに参加する

もっと詳しく
どこから始めればいいのかわからない?あなたのような大家さんのパートナーは、概要ページをお読みください。

最近のニュース

すべてのニュースを見る
2024年02月09日

米住宅都市開発省首脳がサンタクララ郡のアフォーダブル住宅の成功例を視察

サンタクララ郡住宅局は、住宅都市開発(HUD)主席次官補リチャード・モノッキオ氏をはじめとするHUD関係者を招き、サンタクララ郡における手頃な価格の住宅ニーズについて終日視察・討論を行いながら、手頃な価格の住宅におけるイノベーションを共有した。

続きを読む
2024年1月30日

サンタクララ郡住宅局、サンノゼの家族向け手頃な価格の住宅を維持するため、新たな不動産を取得し2024年の幕開けを飾る

サンタクララ郡住宅局は、カリフォルニア州サンノゼ市オークランドロード1780番地95131に所在する246ユニットの集合住宅、リンコン・デ・ロス・エステロス・ファミリー・アパートメントの購入を発表した。 サンタクララ郡住宅公社は、パロアルト市のブエナビスタ・モバイルホーム・パークに対し、MOREプログラムを通じて州内の全25プロジェクト中最大の総額24,595,646ドルの資金援助を受けた。同住宅公社は以前にも、低・超低所得世帯が持ち家を持てるようにするカリフォルニア州のCalHomeプログラムから500万ドルの助成金を受け取っている。

続きを読む
2023年12月21日

サンタクララ郡住宅局、パロアルトの移動式住宅コミュニティを手頃な価格で提供するため2400万ドルを受領

サンタクララ郡住宅局は、カリフォルニア州パロアルトにあるブエナビスタ・モービルホームパークの保全と改善に向けた取り組みにおいて、重要な節目を迎えたことを発表する。カリフォルニア州住宅地域開発局(HCD)は、カリフォルニア州全域のモバイルホームパークの健康・安全状態を改善することを目的とした、製造住宅機会・再生プログラム(MORE)と呼ばれる先駆的な州プログラムから、初の賞を授与した。 サンタクララ郡住宅局は、パロアルト市にあるブエナビスタ・モービルホーム・パークに対し、MOREプログラムを通じて州内全25プロジェクト中最大の資金援助(総額24,595,646ドル)を受けた。同住宅公社は以前にも、低・超低所得世帯が持ち家を持つ、または持ち家を維持できるようにするカリフォルニア州のCalHomeプログラムから500万ドルの助成金を受け取っている。

続きを読む